かまくらげんき動物病院

Tel:0467-40-4748神奈川県 鎌倉市 笛田 1-3-15
年中無休 診療時間9:00~19:00※

東洋医学の専門家 - 漢方医療について -

当院の処方する漢方薬について

漢方薬というと、数種類の薬草を煮詰めてたり煎じたりして飲んだり、最近では人間の病院で処方されるエキス剤をイメージします。 当院で処方する漢方薬のほとんどは動物専用に開発された中成薬と呼ばれる錠剤がメインです。中成薬は飲みにくい漢方薬を西洋薬のように錠剤にしたもので、小型犬や猫でも服用しやすいように工夫されています。犬猫の好きなフレーバーを加え、長期投与しやすいようになっています。

望診1 期待される漢方の効能 Ⅰ
漢方薬は、風邪や下痢腹痛なdの一般的な症状はもとより、西洋医学では効果が期待しにくいガン、生活習慣病等ばかりではなく、アンチエイジング、ストレスなどの現代病や西洋医学の治療の副作用の軽減にも用いることが可能です。
望診2 期待される漢方の効能 Ⅱ
当院では、中獣医学の四診を用い、動物の体質に合わせた漢方を処方しています。漢方はゆっくり効果が発現するから、効いてくるまで時間がかかる?と思っている方も多いと思います。しかし、ある種の疾患に対しては、比較的早期に結果が感じられます。当院では、結果が実感できる治療を目指しています。。

「塗る漢方」についての詳細は⇒ こちら

↑ PAGE TOP